お問い合わせメールでおとい
協会情報
HOME >  協会情報

協会情報

沿革 協会役員

沿革

1983年4月1日に、既に組織されていた安城ローンテニスクラブ(現会長:渡辺鍾蔵)を母体として創立されました。事務局を高木屋スポーツ様に置き、会員数400人弱でスタートしました。当初の活動は大会を5回、練習会を5~11月まで、毎月2回、講習会(90分)を10回の単位で行いました。
安城市に砂入り人工芝のコートができるまでの大会会場は安城市体育館前の6面のクレーコートが主役であり、毎回テニスコートのラインを石灰で線引きしていました。コートが足らない時は農村センターコートを利用したり、碧海信用金庫様、新日本化学工業様のコートをご好意でお貸し頂き運営して参りました。
昭和59年度から、愛知県民体育大会西三河大会に参加、安城選手権大会には男子ダブルスとして参加しました(その後はシングルスに変更)。協会では選手の勝敗でポイントを付けランキングを発表するシステムを導入しました。昭和60年度から協会事務局として、ラケットショップ アルファ様のご協力を得ることになります。その後は飛躍的な会員数が増加し大会数も増え、現在に至ります。 

協会役員

会長: 渡辺 鍾蔵
副会長: 水谷 行夫
アドバイザー: 神谷 勝則

神谷勝則コーチがアドバイザーに就任

2017年度4月より、安城市出身のプロテニスコーチ神谷勝則コーチが協会のアドバイザーに就任して頂けることになりました。神谷コーチはツアーコーチとして世界中を転戦。現在は、テニスコーチのコーチとしての指導者養成や、日本全国(又は海外)で普及活動に力を入れて活動中です。今後は神谷コーチにアドバイスを頂きながら、テニスの普及に努め、皆さんがよりテニスを楽しめる環境をつくって参ります。

神谷勝則コーチのプロフィール

           神谷 勝則  (かみや かつのり)  1963年生まれ

(公財)日本テニス協会公認 S級エリートコーチ
(公財)日本体育協会公認  上級コーチ 上級教師

ヨネックス㈱ アドバイザリースタッフ
(公財)日本テニス協会 ビーチテニス委員会 委員
日本テニス協会公認情報サイト 指導プログラム担当
月刊誌スマッシュ連載 カリスマコーチ
月刊誌テニスマガジン 部活コーチ
詳しいプロフィールはこちら

 

PAGE
TOP